河口湖に旅行で来た時のおすすめスポット情報

東京から意外と早く着く河口湖

山梨県の河口湖は、距離的には東京都心から100km近く離れています。そんなに東京から近い場所ではありませんが富士急行線に乗り入れるJR特急に乗車すれば意外と早く着くという側面をもち、新宿駅から河口湖駅までの所要時間は約2時間です。東京から向かう場合、基本的には1泊旅行がおすすめですが時間がない場合は日帰りでも十分楽しめます。

展望が素晴らしい河口湖天上山公園

河口湖駅を降りて約500m北に進むと、ロープウェイ乗り場に到着します。このロープウェイに乗って天上山という低山の山頂付近に位置する天上山公園までアクセスすると、展望スペースより富士山や河口湖などを見渡す事が出来ます。公園内には茶屋が営業して食事ができますので、まずはここに行ってみる事をおすすめします。

河口湖北側の大石公園

河口湖の南側エリアを歩いていても、なかなか富士山を見渡す事はできません。雄大な富士山を地上から見渡したい場合に最適なのが、河口湖の北側に位置する大石公園です。河口湖エリアは冬にトイレが閉鎖されるケースが多めながら、こちらの公園内のトイレは年間を通じて使用できます。そして、視界を遮るものがないため富士山がよく見えます。

イルミネーションが綺麗な博物館がある

河口湖の北東部には、オルゴールをテーマにした西洋風の博物館があります。こちらの博物館では毎年クリスマスの時期にイルミネーションイベントを開催しており、普段以上に幻想的な雰囲気をもつ場所になります。外からでもある程度楽しめますが、予算に余裕がある場合は是非入場して、敷地内のイルミネーションも楽しんでみてください。

フラマイレーツがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です