関東からの函館旅行は新幹線がベストというわけではない

2016年に北海道新幹線が開業

かつて、本州に住んでいる人が乗り換えなしで電車を利用した北海道旅行をしたいとなると、寝台特急を利用するしかありませんでした。しかし、2016年春に北海道新幹線が開業して東京駅から新函館北斗駅まで約4時間でアクセスできるようになり、新幹線を利用した旅行に注目が集まっています。

新幹線だと運賃が高い

注目を集める新幹線を利用した北海道旅行ですが、移動コストが高い事は大きな難点です。具体的には、指定席乗車時の東京駅−新函館北斗駅間の片道運賃は約2.2万円で、往復だと4.5万円近いコストがかかります。さらに、在来線で新函館北斗駅から函館市街地へ向かう場合は在来線の運賃も発生します。

LCCを利用した函館旅行に注目

もし、出来る限り安く函館旅行をしたい場合は、2000年代に入ってから続々登場しているLCCを利用するのがおすすめです。LCCを利用すれば時期によっては新幹線だと約4.5万円かかる往復の交通費を1万円台で抑えられます。さらに東京‐新函館駅の所要時間が約4時間であるのに対し、羽田空港から函館空港までフライト時間はわずか約90分です。そのため、新幹線を利用した日帰り旅行は基本的に難しいものの、飛行機で函館に向かう場合は幅広い地域から日帰り旅行ができます。

函館の名所情報について

函館最大の名所といわれるのが、函館駅の南側に位置する函館山です。夜にロープウェイに乗って山頂の展望台まで行くと、テレビや写真でよく見かける美しい函館の夜景を観られます。どこに行ったらいいかわからない場合は、まずこちらに行ってみてください。

フラマイレーツがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です